アクセス解析の必要性

サイトを運営するにあたって、アクセス解析をやった方がいいということはインターネット上でしばしば指摘されています。
アクセス解析をすることで、サイトがよくなってアクセス数も増えるという話を聞いたことはありませんか?しかし漠然とサイトがよくなることはわかっていても、具体的に何がどうなってよくなるのかわかっていない人も多いです。
そのためには、まずはアクセス解析をすることで何がわかるのかということを理解する必要があります。


例えばアクセス解析を利用すれば、どれくらいの人が自分のサイトに訪問したのかということがわかります。
店でいう所の来店客数がわかるのです。
しかもサイトに訪問した人がいつアクセスをしたのか、その日時などの情報もわかります。
またツールによっては、延べ人数の情報もわかるようなものもあります。
延べ人数と何人アクセスしたのかを比較することで、新規の訪問者とリピーターがどのくらいいるのかの分析もできます。


また自分のサイトにどこ経由でアクセスしたのかもわかります。
たとえば外部のサイトのリンクをたどってきている人もいるでしょうし、検索サイトを使って訪問しているケースもあります。
検索サイトを使ってアクセスする人が多いでしょうが、彼らが何をキーワードにして検索して自分のサイトをアクセスしたかもわかってしまいます。
このようにどうやって自分のサイトにアクセスしたのか、アクセスした人が自分のサイトの何に関心を持っているのかがわかれば、お客さんの求める情報をサイトに公開できるようになります。


≪注目サイト≫
ウェブサイトにアクセスしてきたユーザーを企業別に分析したい方に最適のサービスです=≫ Googleアナリティクス

Copyright © 2014 アクセス解析では何が分かるもの? All Rights Reserved.